ハウスか、ジャングルか

究極のインドアかアウトドアか?

というわけではなく。1990年頃ユーロビートの影響でハウスが流行った頃、自分が聴いたのはアシッドハウスで、へえそんなものがあるんだという程度だったが、そのあとすぐにジャングルってのがあるんだぜと紹介されたのが、当時ロンドンに住んでいた妹経由だったかもしれない。妹のルームメイトがロンドンのクラブハウスでバイトをしていたとかで、そこで流行ってたのを又聞きのさらに又聞きという感じだったのだが、その頃からリズムに対する萌芽があったのか、ジャングルのはなぜか触発されて2枚も買っている。そのバイトをしているコの部屋で妹が気に入ったの写真を送ってきて、これを買ってみなと勧めてきたうちの一つがLTGBukemのLOGICALでその中のwesternが特に妹のお気に入りだったらしい。朝起きるときに聴くのがミソで、途中でテンポアップしたときに、がっつり起きれるからというのがその理由だった。

なんとなく、よくわかる。

同様に、ブリストルサウンドも流行っていて、massiveattackも買わされた。

こっちはそのあとmezzanineまで追いかけたが、アメリカで音楽は死んでしまうとはよく言われることで、やはり、イギリスで流行ってた頃のほうが好きだ。とはいえ、今聴くとどっちもそれなりによかったりする。

なんていう、個人的な音楽よもやま話。