MacminiLate2009でroonを動かす

roonとは音楽データ管理と再生を行うアプリケーションソフトでAppleiTunesと同種のモノ。iTunesが無料なのに対しroonは有料なところが大きな違い。今回はこのroonをMacminiLate2009に入れて動かしてみた。

さて、そのroonを動かす推奨マシンスペックは以下の通り。

IntelCorei3IvyBridge4GBRAMSSDbootdrive1440x900片やMacminiLate2009のスペックは

IntelCore2DuoPenryn8GBRAMSSDbootdrive1280x1024(TV接続時。最大は1600x1200)CPUの世代としてはPenrynからIvyBridgeの間にはSandyBridgeWestmereNehalemと3つのマイクロアーキテクチャーが存在する。要は4世代前のCPU。プロセスルールで見ても22nmと45nmなので2世代前となる。その他はほぼクリアしてる。

そしてプラットフォームの推奨は、

OSX108(1012)と1012押し。と、いうことで10126(macOSSierra)入りのMacminiLate2009は用意できているので先ずは全部入りのroonを入れてみたところ、取り敢えず何事も無く動作開始。音楽データはNASMacmini内蔵SSDにあり、どちらも自動的に認識し再生の用意をしてくれる。あとはどこから音を出すかのZoneを設定するだけで音は出た。

MacminiLate2009でroonのコントロール機能を使ってアルバムアートワークを弄りながら再生を行うとCPUパワー不足から音が途切れがちになる。CPU負荷を減らすべく、NASへのアクセスは止め、内蔵SSDへのアクセスだけにすると少しはましになる。その他、使わないSpotligtと通知機能を切った。Spotlightはシステム環境設定の中のSpotlightで検索結果のチェックボックスを全て外し、ターミナルから以下のコマンドを実行するとメニューバーから邪魔な表示が消える。

sudochmod600/System/Library//Searchbundle/Contents/MacOS/Search

このコマンドを実行する直前にSIPを無効にしておかないといけないのはお約束。元に戻したい場合は、600を755にする。

通知センターは以下のコマンドで無効化されるもメニューバーにアイコンは残ってしまう。元に戻す場合はオプションのunloadをloadにする。

launchctlunload-w/System/Library//comappleplist

更にroonならではの分散運用にしてみる。roonは以下の機能から成り立っている。

corecontroloutputMacminiLate2009は、音楽データ管理に相当するcoreとして動作させる。control機能はは再生の選択、指示を行うもので別のマシンあるいは携帯端末を用い、outputはroonredady機器に任せる。Late2009のCPU負荷が減った分outputのリアルタイムアップサンプリングを行っても問題はなさそう。

controlのiOS版RoonRemoteは、Late2009と同年代の端末(iPhone3GS等)はサポートされず、iPhone5s、iPadmini2以降の機器じゃないとインストールを拒否されるが、これは致し方ない。